歯周病はうつるの?

歯周病は感染症ですので、他人に感染する可能性があります。

歯周病は感染によって発症します。歯垢(プラーク)の中に含まれている『歯周病菌(細菌の塊)』が歯周組織に感染するのです。もしも歯周病の方とキスをしたりすればその人が感染する可能性は否定できないのです!

ただ感染力はそれほど強くないため、また抵抗力があれば例え歯周病の方とキスをしても歯周病菌(細菌)に感染することはありません。
従って、ご家族、恋人同士などで一方が歯周病だったとしても、もう一方に抵抗力があれば容易に感染することはありませんので、必要以上に神経質になることはありませんが、もしも『病気・ストレス・睡眠不足』などによって抵抗力が低下しているような場合は感染する可能性もあるので注意しましょう!


■歯周病は遺伝するの?


歯周病自体が遺伝する事はありませんが、歯周病になりやすい要因は遺伝する可能性があります。

歯周病は歯周病の原因である『歯垢(プラーク)/歯石』の中に含まれている歯周病菌(細菌)に感染する事によって発症する感染症です。歯周病の親(母・父)から産まれたからといって、その子供が歯周病になるわけではありません。

しかし、
・歯周病菌(細菌)に感染しやすいなどの抵抗力の遺伝。
・歯垢(プラーク)が付着しやすいといった歯の構造(歯並び)の遺伝。

などの要因が遺伝する可能性があります。その結果、歯周病の親から産まれた子供は歯周病になるリスクは高いかもしれません。

いずれにしても歯周病菌(細菌)に感染しなければ発症することはありません。毎日の正しい歯磨きでしっかり歯垢(プラーク)を取り除き、定期的な歯医者さんでの検診が何よりも大切なのです!

口腔内に矯正装置をはめこみ、一律の力を歯に緩めることなくかける事で人工的に正しい位置に戻し、正常ではない歯並びや噛み合わせなどを修正するのが歯列矯正といわれる治療法です。
レーザーによる歯の施術はムシ歯を起こす菌をレーザー照射により消滅させてしまい、しかも歯の表層の硬さを強くし、痛い虫歯になる可能性を低くする事が難しいことではなくなります。
セラミックの技術と呼ばれているものにも、いろんな種類・材料がありますので、いつもの担当の歯科医と十分に相談して、自分に最適な治療法を絞り込みましょう。
嫌な口のニオイを気にして、市販のガムや洗浄液などをよく使っているのだとすると、歯垢を取り去るケアを取り急ぎ試してみましょう。気になってしまう口腔内の匂いが和らいでくるはずです。
口の開け閉めで生じる筋肉の緊張を解きほぐし、歪んだ顎関節内の奥を正常にするトレーニングをしたり、顎関節の動き方をよりしなやかにする医学的なエクササイズを行いましょう。


歯のおもてにこびりついた歯石や歯垢を取り去る処置を一般的にデンタルクリーニングと呼びますが、さきほど述べた歯垢や歯石等の汚れは不快な虫歯の病理となりうるものです。
今や医療の技術開発が一気に前進し、無針注射器のシリジェットや様々なレーザー治療器を採用することで、痛みをかなり減らす事のできる「無痛治療」という治療法があるのです。
診療機材などハードの側面において、高齢化社会から望まれる自宅を訪問する歯科診療のニーズに応える事ができるステージには来ているということが言うことができます。
あなたもご存知の通り口のなかの唾液はいかにも酸っぱそうなものや、おいしそうな食べ物を目の前にしただけで出てくるものですが、じつは虫歯や歯茎の歯周病などを食い止めるのに作用しているのがこの唾です。
口の中の臭いの存在を自分の家族にも質問できない人は特に多いと思われます。そういう場合は、口臭の外来で相談して口臭の専門処置を体験する事をおすすめいたします。


噛みあわせのなかでも特に前歯が何度もぶつかり合うような状況だと、噛む度に圧力が上顎の骨の前の方や鼻骨に直に集中します。
上の親知らずは下に比べて麻酔の作用が有効なため抜歯のときも鈍痛が伴うというケースが少なく、痛さに敏感な方だったとしても手術は造作なく為されます。
口の中の唾液はいかにも酸っぱそうなものや、美味しそうな物を見たりすると自然に分泌されるものですが、じつは虫歯や歯周病などの病気を阻止するのに効果があるのがこの唾液なのです。
ムシ歯のきっかけはミュータンス菌と呼ばれる菌の汚染です。一旦口内にムシ歯菌が出現したら、それをきれいに除菌する事は極めて手を焼くことなのです。
上下の歯のかみあわせの相談のなかでも特に前歯がよくぶつかってしまう症例では、歯を噛み合わせるたびに圧力が上顎骨の前の方や鼻骨に特にかかってしまいます。

審美歯科に懸かる診察では、「悩まされていることはどのようなことか」「どういった笑みを入手したいか」を十分に対話をすることを基本にして取りかかります。
患者に対する開かれた情報と、患者が心に誓った決定事項を重く受け止めれば、相応の役割が医者サイドに対してきつく追及されるのです。
つい最近では歯周病を引き起こす原因を取り去る事や、原因となる菌に感染した病巣を掃除することによって、新しい組織の再生がみられる治療方法が実用化されました。
歯の矯正によって格好に対する自信がなく、悶々としている人も笑顔と誇りを復することが叶うので、肉体と精神の快適さを手に入れることが可能です。
とある研究によると、顎関節症かもしれないという自覚症状がなくても、30%から40%の人がご飯を食べたりする場面で、これとそっくりな不自然な音がするのを認識していたようです。

インプラント術によるポイントは、入れ歯のデメリットを補足することや、元々持っていた歯と同じような状態にすることが出来たり、インプラントをした歯以外の歯を防衛することなどが例示できます。
大人に似て、子供がなる口角炎にも多種多様な因子があります。著しく目立つ要因は、偏った食事によるものと細菌になっています。
セラミック技術と言えど、いろんな種類・材料があるため、歯科の先生とよく相談して、自分の歯に合った内容の処置を吟味してください。
糖尿病の側から判断して鑑みると、歯周病になるがために血糖値のコントロールが困難で、それを引き金として、糖尿病の激化を引き起こしてしまう危険性も潜考されます。
大きくなってしまった歯周ポケットという歯と歯茎の隙間には、プラークと呼ばれる歯垢が非常にたまりやすく、そういう風に溜まった際には、毎日の歯みがきだけ行っても、すべて完全には排除できません。

乳歯は永久歯に比べると、象牙質やエナメル質等の厚みが半分程度しかないのです。特に歯の再石灰化の機能も未熟なため、虫歯の菌に軽々と溶解されてしまうのです。
口腔外科というのは、その得意分野として、顎口腔の機能改善を主眼に置いているので、内科寄りの処置や精神的なストレス障害等にいたるまで、受け持つ範疇は大変幅広く在ります。
本来なら医師が多いので、ゆっくりと患者さんを診察してくれそうですが、思いのほかそういう歯科医院は流れ作業のように、患者を施術する場所が存在するのです。
虫歯を防ぐには、通常の歯を磨くばかりでは困難で、要所は虫歯を起こす原因菌の排除と、虫歯の病態が進むのを抑えるという2つの要所となります。
恥ずかしい話ですが日本は予防においては残念なことに後進国と言われ、欧米人よりも、実は日本人の歯の寿命が短くなっていく一方です。そもそも病気の予防全般においての考え方が違うのだと思います。